本日 32 人 - 昨日 106 人 - 累計 100136 人 サイトマップ
RSS

ハングル研修旅行4回目

竜宮寺から梵魚寺までタクシーで二つの山を越えた。この寺は韓国禅宗総本山で5大寺刹に入る名刹である。山門にある仁王像が琵琶の奏者だったのは面白い。日本の寺なら金剛力士像だろう。そして観音像、羅漢像、地蔵像等全て一つの寺に集約されているのも面白い。入り口から枯山水風の景色だがそれが自然のままだ。一通り拝観して食堂へ、実は此処の食堂はお布施だけで食事を出されるのだ。時間は12時から13時までの一時間となっている。長い行列が食堂の外まで続く、私たち一行7人も有難く頂戴した。ピピンバでご飯上に載せるトッピングは自由に盛りつけられる。そして若芽汁までついているのだ。
画像
多分手に持っているのは琵琶だと思うが楽隊の一人だ
画像
梵魚寺正面 色彩が鮮やか、建築様式は薬師寺と似て礎石の上に建物が乗る
画像
寺の内部写真撮影は可能 フラッシュはだめ 観音様たち
画像
寺の内部 写真撮影は可能 フラッシュはだめ 地蔵様たち
画像
ピピンバが振る舞われる。行基が昆陽寺で行ったのと似る。行基の親は帰化人
画像
ピピンバを待つ参拝者たち、セルフサービスで食べた後食器を洗う。日本人は私たちのみ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):