本日 22 人 - 昨日 71 人 - 累計 100311 人 サイトマップ
RSS

西条・広島・呉

8月4日の話題提供で興味深かったのは森本幸裕教授の雨庭という発想だ、雨庭とは、「都市が邪魔者として、すぐ排水していた雨を受け止めて恵みに変え、大雨等の災害を和らげる、植栽空間を中心とした取り組みです。工夫された補足貯留浸透のデザインの側面と、水の恵みを得つつリスクを低減する賢い土地利用の側面を持ちます。という物で教授が監修した京都駅ビル緑水歩廊は是非見てみたい。私は教授が係った梅小路機関区跡の「朱雀の庭」はこの5月に見て来た所だが、又京都に行く愉しみが増えた。写真は2日目午前中の酒蔵通り見学
画像JR西条駅 酒造会社の建物に似せている
画像福美人酒造の煙突 (今は使われていない、石炭や薪用)
画像雨水ネットワークのメンバーで聞き酒
画像酒の原料
画像加茂泉酒造の次郎丸井戸
画像加茂鶴酒造の煙突凡そ20m

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):