本日 0 人 - 昨日 74 人 - 累計 105477 人 サイトマップ
RSS

アメリカンフットボール 立命対関学戦 観戦記

昨日19日に全勝同士の対決がありました。立命は開始早々西村選手がTDを決め波に乗り、第一クオーター第二クオーターとも関学の攻撃を0点に押さえました。
第二クオーターでは関学のディフェンスに手こずりなかなかTDまで持ち込めず、そこでフィールドゴールを狙って成功、この3点は大きかった。そして第3クオーターで11点をもぎ取り、ほぼ勝利を確定した感じだ。関学の第3クオーターはランで攻めきれず、戦術をパスに切り替えたが、このパスが何度も失敗して自滅の感があった。第4クオーターでTDを決めたが、残り時間はほとんどなく、立命がそのまま逃げ切った。
画像 関学の観客席 満員だ。
画像チアリーダーの演技 すばらしかった
画像 この後ランで左からTDした。
画像試合結果 電光掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):