本日 145 人 - 昨日 327 人 - 累計 232467 人
RSS

つるぎ山登山 6月20日から21日 3回目

民宿まつうらに着いたのは午後2時20分。部屋に上がらずそのままつるぎ山へ、剣神社でお守りを買いおみくじを引く。大吉だった。ついでリフト乗り場へ。ここのリフトは朝9時から午後の4時までの営業だ。リフトは片道1050円。頂上駅は西島駅でここから30分あるいは40分で頂上までいけるという。大剣神社で小休止して午後4時10分に頂上についた。剣山本宮からは木道が頂上まで250m続く。剣山ヒュッテは閉鎖されていて7月1日からの営業だった。ずっと霧が薄く流れている。頂上からの視界は全くなかった。頂上一帯は熊笹で覆われていた。気温18℃帰りも大倹神社を通った。この大剣神社の90m下に御神水があるというので立ち寄った。伝説によると安徳天皇が逃げ延びてここで髪を洗って平家の再興を誓ったという。ここの御神水はうまい。石灰岩を潜り抜けてきた水だからだろうか、午後4時30分にリフトの西島駅から45分に運転を終了するので乗ろうとする方は早くきてくださいと催促のアナウンスだ。帰りは徒歩で下る予定だったので急ぐことはなかった。西島駅近くにテントの設営場所が数カ所あり、6張りテントを張っているのを見た。ちょっと高いNEMOのテントも3張りある。水場も近くにあり便利なテント場だ。下りは鳥の声をバックグランドミュージック(BGM)がわりに気持ちよく下山した。カッコウの声がしきりに聞こえる。ヤマガラ、ウグイス、ホトトギスの声もだ。そして時折ツツドリの声が聞こえた。登山道の所々に木の名前の小さな看板があり、いろいろな木の種類を見た。特筆されるのはブナが自生していることだ。リフトの中間点あたりで鹿を見た。ケーンと大きな声で鳴いて遠くからこちらを睨んでいる。午後5時55分に民宿まつうらに着いた。予定通りだった。
DSCN0097剣神社
DSCN0103剣山自然情報センター
DSCN0107リフト
DSCN0135西島駅付近の幕営場
DSCN0132御神水の案内

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):