本日 189 人 - 昨日 146 人 - 累計 242492 人
RSS

北方民族博物館からオホーツク海を左に見て

私はオリックスレンタカーでレンタカーを借りたのだが、電話でホンダのフィットか日産のノートになると聞いていた。できればノートに乗ってみたかった。それもe-powerである。かねてよりこの車が優秀であることは聞いていた。2018年には国内販売で数十年ぶりに日産のノートが首位に立ち、2019年も2位につけている。トヨタのプリウス・ホンダのインサイトはハイブリッド車として登場し、内燃機関エンジンとモーターを組み合わせたものだった。インサイトは生産を中止し、今はホンダのほとんどの車種にハイブリッドが搭載されている。トヨタのプリウスはサイズとエンジンもひと回り大きくなり、ハイブリッドの元祖として発展している。日産はハイブリッド路線を取らずに電気自動車リーフにかけたが、走行距離が限られることや電気のスタンドがそれほど普及しなかったことから低迷していた。それを打開したのが、このe-powerだろう。エンジンはもっぱら発電機として使われ、モーターに電気を供給するだけだ。高速域になると駆動用のリチウムイオン電池からも電力が供給される。ハイブリッド車は高速域になると再びエンジンだ。プリウスはひとまわり大きくなったため、排気量も1800ccになった。
ノートに初めて乗った感想はとにかく室内が静かだ。加速が滑らかですぐに80・90km出てしまう。後でこの車の排気量を見て驚いた。1200ccだ。女満別空港を出てすぐに北方民族博物館についてしまった。再び北方民族博物館の展示に移る。
DSCN9333日産ノート e-powerはグリルに青いラインが走る
DSCN9336モーターと発電機そして車体中央部に駆動用のリチウムイオン電池を積んでいる
DSCN9222シャマンの被り物
DSCN9226各種のワカン
DSCN9228鳥を撮る道具(水鳥かも)
DSCN9232シャマン 祭礼用具 幣のようなもの
DSCN9233お守り
DSCN9234病気の治療用具 指圧で直したのか?

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):