本日 163 人 - 昨日 297 人 - 累計 243764 人
RSS

7/11ヒガシマル醤油見学

醤油の起源は古代までさかのぼるといわれています。営業としての醤油は竜野、野田、銚子、小豆島などに成立したのは16世紀ごろです。竜野の薄口醤油は原料を大豆、小麦、コメ、塩です。これらの原料はほとんど地元で調達しています。塩は赤穂からでした。コメは蒸して甘酒にします。大豆は炊き、小麦は炒り、この両者に麹を植え付けます。出来上がった醤油麹と塩水を混合して桶に入れ発酵熟成させます。エアコンのなかった時代には1年もかかりました。発酵熟成させた諸味に甘酒を加えた後、絞ります。(うすくち竜野醤油資料館より)


サイロ群 高さ15m

原料の展示

仕込みの桶

工場排水 鯉が棲めるほど浄化した水を排水

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):