本日 34 人 - 昨日 74 人 - 累計 83038 人 サイトマップ

釜山ハングル研修旅行2回目

2017年04月02日
 朝鮮通信使歴史館 通信使とは「信義を交わす」と言う意味で現代で言えば善隣外交および文化交流のような物で約半年から1年かけて日本列島を横断した。現在この歴史館では小学生を先着20人受け入れ、毎週土曜日の午前10時から運営される歴史教育では館員の解説と歴史館観覧、クイズ解説を行っている。我々は1時間観覧したあと国際市場・富平市場に向かった。
画像
通信使の人形
画像
チャガルチの繁華街
画像
プルコギ’焼き肉を食べに食堂に入る
画像
プルコギ上からもガスボンベの火で肉をやくジューシーなうまみ

3月12から14日韓国釜山ハングル研修旅行

2017年04月02日
釜山に2泊3日でハングルの研修旅行に行ってきました。これはハングルを習っている人たちで自主的に研修した物です。トラピクスで往復の飛行機と宿を取ってもらい、あとは全て自由に私たちが組み立てて旅行しました。
一日目 関空〜釜山金海空港〜釜山観光ホテル〜朝鮮通信使歴史館〜チャガルチ駅〜国際市場・富平市場
画像
釜山金海空港の3階レストランで食事 ボリュウームあり キムチもうまい
画像
地下鉄内の自動販売機ジュース類は700ウオン約72円牛乳16円ぐらいか
画像
朝鮮通信使歴史館入り口 室町から江戸時代まで約200有余年近隣外交の見本となった。私は15年前に牛窓に行った時にこれを知った。
画像
朝鮮通信使歴史館で研修仲間と記念写真
画像
朝鮮通信使が乗って来た船の模型 一度に400人ぐらいがソールを経ち釜山・対馬・博多・牛窓等経由して大坂・京都・江戸に来た。

3月1日まほろばホールのサロンで雨水利用の話

2017年04月02日
3月1日まほろばホールの入り口右横の小さなサロンで雨水利用の話をしました。この会場はNPOほっとねっとの寺前氏が準備してくれた物で10人程が座れるスペースと大きな100インチ程の液晶ディスプレイが設置され、井戸端会議のような雰囲気でお話ししました。此処に集まった人たちは口コミで来られた方でこのようなやり方も面白いと感じました。私も場所を提供していただいたら、出かけて行きます。
画像

2月25日(土)佐海民俗会で大阪城の周辺を歩いてきました

2017年03月05日
大阪城のお堀や大阪城の砲兵工廠あと大阪城の巨石を見てきました。当時砲兵工廠はアジア最大の兵器工場で64000人が働いていました。1945年8月14日終戦の一日前にB−29爆撃機150機の来襲を受け、非常に多くの死者を出しました。今の大阪城は1620年から1629年の間に作られたもので、徳川秀忠により再建されたものです。又今の天守閣は昭和6年関一市長のとき市民に寄付を募り150万円集めて再建されたもんです。巨石は桜門、大手門、京橋門に集中している。岡山藩主池田忠雄、熊本藩主加藤忠弘が運んだものが上位10位までを占める。金蔵は畿内や天領からの収入を入れた。金額にして500億とも800億とも言われる。

画像
石垣修復箇所が見える
画像
砲兵工廠の建物 終戦後科学分析所として使われる
画像
紀州藩が作った日本庭園此処からの大阪城の景色が良い
画像
金蔵榎本武揚が函館で塀を挙げたとき此処から金をぶんどったとか

1月28日第イ15回「私の水辺」泉北地域交流会

2017年02月09日
P1010577.JPG
感謝状を頂く


表記の件 雨水利用in堺というタイトルで展示し、舞台発表も行いました。当日は天気もよく、小学生中学生とその保護者の参加も多く、葦舟の展示コーナーでは葦を使った横笛を作るワークショップが開かれた人気がありました。又北島中学校の生徒が、アルゼンチンアリが日本の在来のアリを駆逐しているとの発表もあり、興味深いものでした。

<< 前の5件 | 次の5件 >>