本日 58 人 - 昨日 224 人 - 累計 161335 人
RSS
映画「ほたるの川のまもりびと」と講演会「洪水多発時代の治水政策」のお知らせ
日時2019年2月16日(土)午後6時〜9時
場所大阪国際交流センター2階 小ホール 大阪メトロ谷町線谷町9丁目駅下車10分

          プログラム
 17:30〜17:55 受付
 18:00〜18:05 主催者挨拶「ほたるの川のまもりびと」上映実行委員長
        米道綱夫(鉢ヶ峯の自然を守る会代表)
 18;05〜19:30 『ほたるの川のまもりびと』上映
 19:30〜19:40   休憩
19:40〜20:45 講演「石木ダム不要論」 今本博健 京都大学名誉教授
           「滋賀県の流域治水条例から」 嘉田由紀子
            前滋賀県知事  
 20:45〜20:55 閉会挨拶 (公社)大阪自然環境保全協会会長 夏原由博
 企画の概要
  長崎県佐世保市の川棚川の支流石木川神原(こうばる)地区に1962年石木ダム建設計画があり、1975年に建設省が認可、2004年全戸66戸のうち53戸が移転、残り13戸がダム反対を続けている。治水・利水の必要性が全くないにも関わらず、住民が大切にしてきた自然環境だけでなく里山の文化までも行政が壊そうとしている。反対運動でなく、里山暮らしを残す「賛成運動」の中身を皆で知りましょう。映画会の後は今温暖化の影響などで多発している。豪雨災害の被災地を「被害者目線」で調査してきた前滋賀県知事の嘉田さんにこの豪雨被害はダムなどの大規模施設で防げるのか、問題提起していただきす。知事時代に8年かけて作ってきた「流域治水条例」おような町づくりの提案をいただき、あわせて大阪の洪水防止に果たす琵琶湖の役割なども講演していただきます。

 主催者  「ほたるの川のまもりびと」上映実行委員会
 後援団体 鉢が峯の自然を守る会、日本野鳥の会大阪支部、堺野鳥の会、和泉葛城山      (ブナ愛樹クラブ)、お米の勉強会、NPO法人ほっとねっと、(公社)大阪
      自然環境保全協会、安威川自然を守るネットワーク、藻川の堤防を考える       会、あすの槇尾川を考える会、(公財)あおぞら財団、NPO法人エコネット
      近畿、NPO法人信太の森FANクラブ、(一般財団)日本熊森協会、NPO法人
      伊賀・水とみどりの会、関西自然保護機構(申込順)
 後援企業 株式会社モンベル、ビックスマイル
 参加費  1000円(受付で徴収します) 立ち見の場合もあり、当日参加も可能
 申込先 「ほたるのかわのまもりびと」上映実行委員会 米道綱夫あて
      ファクス072-253-2072 郵送:591-8046 堺市北区東三国ヶ丘町5-2-9
Email:riceway@eco.zaq.jp *氏名・〒番号・住所・所属団体・電話(連絡      がつく)を書いていずれかの方法でお申し込みください。
申込締め切り 2019年2月4日(月)
      お預かりしました個人情報は上映実行委員会が責任を持って管理し、当上       映、講演に関する以外の目的には使用しません。


 皆様へ
日本・ウズベキスタン戦2ー1で勝利素晴らしい試合でした。
メンバー10人を入れ替えての試合だっただけに日本の選手層の暑さを感じる
日本一本目のゴールは前半武藤のヘッディングによる得点
1−1で迎えた後半八分頃か塩谷の強烈なシュートによる得点
後半最初は日本ペースで進み、数本のシュートを放ったが塩谷の1点だけ
後半の35分過ぎからウズベキスタンの執拗な攻撃を見事かわした
日本はこの結果3連勝で予選リーグ1位通過

 毎年金剛山に初日の出を見に元旦に出かけていたが2年前から方針を変えた。三が日の内にと初日の出でなくても良いことにした。それというのも私のすぐ上の兄が2年前の暮れに心不全でなくなったからだ。兄は丈夫でこれと言った(大腸がん以外)病気をしたこともないのに、突然亡くなったのだ。今日は次男の琢磨と登った。三国ヶ丘駅で金剛山ハイキング切符1410円を買い求める。通常より約2割とくな切符だ。10:20に金剛登山口で下車、まつまさ食堂を越して左に折れる。それより10分歩くと橋があり、通行止めになっているそのまま行くと黒栂谷に入るが橋を渡らず右に折れて、腰折滝のタカハタ道に入る。約50分で水飲み場があり、ここで小休止。そこから約30分登った所でアイゼンを付けた。10cmぐらいの積雪だがアイゼンを付けた方がらくだ。実は出がけに用意していたステッキを忘れてしまったのだ。アイゼンを付けてから20分登った所で12:30に国見城址に着いた。
 昼食にはインスタントの牛丼とチキンラーメンをEPIのガスコンロで炊いた。琢磨はカロリーメイトで、チキラもインスタント牛丼も要らないと言う。売店の温度計は零下3℃だ。昼食後転法輪寺の社務所でお守り3点とおみくじを引く。吉と出る。転法輪寺・葛城神社でお参りをし、神社下の餌台を見に行くとシジュウカラとヤマガラが来ていた。帰りは14:00葛城神社より千早本道を下る。9合目・8合目付近の樹氷が美しい。6合目でアイゼンを外す。5合目で小休止。麓の水飲み場でポリタンに水を汲む。14:55山の豆腐屋に到着するも豆腐は完売。バス停そばの土産物屋も閉めていた。15:05.金剛登山口発のバスで河内長野へ
P1020158
腰折滝
P1020160
米道綱夫
P1020166
山頂で記念撮影
P1020173
葛城神社
P1020182
餌台 
P1020192
樹氷

映画「ほたるの川のまもりびと」と講演会「洪水多発時代の治水政策」のお知らせ
日時2019年2月16日(土)午後6時〜9時
場所大阪国際交流センター2階 小ホール 大阪メトロ谷町線谷町9丁目駅下車10分

          プログラム
 17:30〜17:55 受付
 18:00〜18:05 主催者挨拶「ほたるの川のまもりびと」上映実行委員長
        米道綱夫(鉢ヶ峯の自然を守る会代表)
 18;05〜19:30 『ほたるの川のまもりびと』上映
 19:30〜19:40   休憩
19:40〜20:45 講演「石木ダム不要論」 今本博健 京都大学名誉教授
           「滋賀県の流域治水条例から」 嘉田由紀子
            前滋賀県知事  
 20:45〜20:55 閉会挨拶 (公社)大阪自然環境保全協会会長 夏原由博
 企画の概要
  長崎県佐世保市の川棚川の支流石木川神原(こうばる)地区に1962年石木ダム建設計画があり、1975年に建設省が認可、2004年全戸66戸のうち53戸が移転、残り13戸がダム反対を続けている。治水・利水の必要性が全くないにも関わらず、住民が大切にしてきた自然環境だけでなく里山の文化までも行政が壊そうとしている。反対運動でなく、里山暮らしを残す「賛成運動」の中身を皆で知りましょう。映画会の後は今温暖化の影響などで多発している。豪雨災害の被災地を「被害者目線」で調査してきた前滋賀県知事の嘉田さんにこの豪雨被害はダムなどの大規模施設で防げるのか、問題提起していただきす。知事時代に8年かけて作ってきた「流域治水条例」おような町づくりの提案をいただき、あわせて大阪の洪水防止に果たす琵琶湖の役割なども講演していただきます。

 主催者  「ほたるの川のまもりびと」上映実行委員会
 後援団体 鉢が峯の自然を守る会、日本野鳥の会大阪支部、堺野鳥の会、和泉葛城山      (ブナ愛樹クラブ)、お米の勉強会、NPO法人ほっとねっと、(公社)大阪
      自然環境保全協会、安威川自然を守るネットワーク、藻川の堤防を考える       会、あすの槇尾川を考える会、(公財)あおぞら財団、NPO法人エコネット
      近畿、NPO法人信太の森FANクラブ、(一般財団)日本熊森協会、NPO法人
      伊賀・水とみどりの会、関西自然保護機構(申込順)
 後援企業 株式会社モンベル、ビックスマイル
 参加費  1000円(受付で徴収します) 立ち見の場合もあり、当日参加も可能
 申込先 「ほたるのかわのまもりびと」上映実行委員会 米道綱夫あて
      ファクス072-253-2072 郵送:591-8046 堺市北区東三国ヶ丘町5-2-9
Email:riceway@eco.zaq.jp *氏名・〒番号・住所・所属団体・電話(連絡      がつく)を書いていずれかの方法でお申し込みください。
申込締め切り 2019年2月4日(月)
      お預かりしました個人情報は上映実行委員会が責任を持って管理し、当上       映、講演に関する以外の目的には使用しません。