本日 77 人 - 昨日 74 人 - 累計 105554 人 サイトマップ

太陽光発電の効率を上げる

  1. HOME >
  2. 自然エネルギー >
  3. 太陽光発電の効率を上げる
太陽光発電のモジュールは最大出力特性が25度摂氏に設定されているのでこれより温度が上がると機能が低下する。パネル表面温度が50度の時90%75度の時80%となる。私の家の太陽光パネルで調査した結果気温33度の時表面温度は67度であった。昨年太陽光パネルの上端に配管し水道水で冷却できるようにした。私が家にいるとき朝・昼・2時頃と3回水でパネルを冷却している。


東西方向に別れてパネルがついている。
パネルに沿って配管し水は3回のベランダからひいている。


パイプは13mm径でこのパイプに約20cm間隔で穴があけられ、
そこから水がパネルに掛かるようになっている。
穴の位置は実験によて最適なものにした。
ただこの夏2013年暑いので塩素が凝縮し穴の目詰まりを起こしている。
時々手入れが必要。