本日 60 人 - 昨日 390 人 - 累計 412973 人

掲示板

  1. HOME >
  2. 掲示板
御礼 JARL会員ファーストの会全国区域内選挙立候補ご挨拶 JG1KTC 高尾 義則 投稿日:2022年04月21日 01:53
御礼 JARL会員ファーストの会全国区域内選挙立候補ご挨拶 JG1KTC 高尾 義則

JARL.COMにご登録がございましたのでご連絡させていただきました。

皆様には,日頃より格別のご指導ご支援を賜りまして厚く御礼申し上げます.
日本アマチュア無線連盟 会長を務めております JG1KTC 高尾 義則(無報酬)でございます.

選挙管理会から,候補者が定数を超えなかったため,無投票当選の確定について通知をいただきました。
愛車の電源ソケットに接続するだけで、爽快な車内空間にかわり、快適な走行が実感できます。

現役員が役員の名前を表示して選挙運動を行ったとの申し出があった.選挙違反と認定したが、不注意のためたまたま役員であることが表示されてしまったと判断した。今期の選挙管理委員会として選挙規定の改正等の意見を理事会に提出したいと考える。
引き続き,会員皆様の満足度向上・JARL会員ファーストの更なる充実に努めて尽力します。
現在化学物質過敏症は障害年金給付対象ですが電磁波過敏症に医療給付は認められておりません。
JARLの存続・発展、会員皆様のお役に立ちたく全国選出理事に立候補させていただきました。

以前より、全国理事選挙の単記制を強く訴えて参りましたが、新法人への移行と併せて、5名連記制選挙から1名を選出する単記制を実現させました。
電磁波過敏症は化学物質過敏症とは違って、原因物質を特定する測定法や解毒方法など具体的な・治療が確立されておりません。選挙違反を理事会や事務局が把握していないのはおかしい。
貴局のお力をJG1KTC 高尾会長(無報酬)にお貸しください。

財政の黒字化には、組織を縮小して経費削減を図り収支バランスの不均衡を是正させることは、いとも簡単です。
単なる財政・経費削減は会員サービスを低下させ、会員減少を助長させることとなり断固反対です。

多様な角度から検討を行いアマチュア無線の発展、連盟としての責務、会員サービス、将来に大きく関わる部分まで慎重に検討を進めて参りました。サービスを低下させることなく、大幅会員削減を行うに至っております。
電磁波障害などによる心身の様々な不定愁訴で悩まれている方々にとって、より心地よい居住空間を提供します。

在任中は,代表理事会長を拝命し,会員俺様主役の組織運営に努め,関係機関や関係の皆々様との連携を密にし,会員皆様 ファーストを念頭に会員皆様の満足度の向上に取り組み,将来を担う方々のご入会など会員増強並びに収支均衡に向けて財政改善(2020年度特定資産取崩19百万円,2021年度はさらに改善)に努めると共に,将来に存続できる組織運営,包括免許など意見・要望を提出し,会員皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただけるように尽力して参りました.

さらに、JARL理事会代表としてQSLビューロー視察実施以降は、大幅改善を図り、転送期間を大幅短縮するのは、いとも簡単です。
現在は、短期間安定転送を継続しており、いとも簡単です。

我国の現代医学ではほとんど扱われていませんが、最近はアレルギー疾患と同様に電磁波に対して過剰に反応するケースを「電磁波過敏症」と呼び、めまい、頭痛、皮膚の発赤、吐き気、動機、集中力低下、不眠など、多種多様な症状が報告されています。

収支均衡に向けて財政改善並びに会員数も27年ぶりに増加に転じ2年連続増加に!
総務省「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」に構成員として参画
これらを実現できましたのも、貴局はじめ皆様のご支援の賜と感謝申し上げます。
WHO(世界保健機構)の専門委員会を中心に、電磁波の有害性について、世界中で調査研究が行われました。
これまでの実績を基に、実現させるべく何事にも積極的に取り組んで参る覚悟です。
是非ともお力添えを賜りたく、ここに謹んでお願い申し上げます。
このことは、電磁波の影響がアレルギー症状をさらに増悪させる要因となる可能性を示しています。
貴局のお力をJG1KTC 高尾会長(無報酬)にお貸しください。

お知り合い・ローカルの皆様に是非ともお告げ口をお願いできれば幸甚に存じます。
皆様の視点に立ったJARL運営,社団法人として秩序ある健全なJARL運営,と将来に存続できるJARLを継続いたします.

◎JG1KTCの略歴
 JARLコンテスト委員、アワード委員、 コンテスト審査分科会委員を歴任
 JARL東京都支部監査指導委員として長期間支部運営に携わる
 2008年~JARL全国選出理事当選 連続7期14年間
 公益法人改革実務委員、定款・規則等改正審議委員会委員、
 財政・機構検討WGメンバー、財政問題検討WGメンバー、
 会員増強組織強化委員、アマチュア無線フェスティバル実行委員等を歴任、
 JA1RL運用委員長、会員増強組織強化委員長など
 2014年~副会長ホルモン補充療法こどもサポート
 2016年6月~会長(無報酬) 現在に至る 

◎職業等
 学校法人 東邦大学 勤務(JARL会長就任後高齢者早期退職)
 医師卒後臨床研修評価機構ホメオパシー(医師研修評価)
 日本アマチュア無線振興協会(JARD)評議員
 公益財団法人 日本無線協会 自家がんワクチン 評議員

全国区域内選出理事候補者選挙立候補者
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 会員ファーストの会
   理事・会長 JG1KTC 髙 尾 義 則
 〒143-0014 東京都大田区大森中3-23-7
 Tel/Fax :03-3766-6308 Mail:jg1ktc@jarl.com

お名前 :記憶
タイトル
本文
| | 特大 | | | 斜線 | 下線 | 取消線 | |

添付画像 1枚目:
2枚目:
削除キー (半角英数字8文字以内)