本日 172 人 - 昨日 235 人 - 累計 390318 人
RSS

アウシュビッツにて 続き

皆様へ

この収容所の設立命令は1940年日下され、ルドルフ・ヘスが任命された。当初20棟の建物が建築されたがのちに8棟が追加された。1942年には最大28000人の囚人が収容された。しかし平均収容者数は13000人から16000人程度である。収容された人々は写真に残されているものもあればのこされていないものもあり、殺された人数の正確な数は分からない。ユダヤ人のほとんどはここに到着してすぐにガス室に」送られ、ファイルに保管されることなく、殺されていったためである。虐殺は飢え、重労働、医学実験、死刑執行の手段でなされた。
 歴史学者の調べによると不完全な資料の研究からではあるがここで殺された人数は150万人と発表している。
 アウシュビッツの収容所内は展示品と其の当時の写真そして囚人が描いた絵によって当時の状況を再現している。説明は約1時間30分あった。(各棟の移動時間を含め)表に出ると寒い。曇っていて太陽が出ない。その中で旗を持って、ときに大声で何か言っているグループがある。どこの国旗か聞くとイズラエルと答えた。私は聞きなおした。イズラエル・・・イスラエルのことか、日本では濁らないがこちらではそう呼ばれているのだろう。

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):