本日 141 人 - 昨日 178 人 - 累計 390665 人
RSS

太陽光発電について

太陽光発電の余剰電力の売価が8円になった。2019年11月まで48円で買い取ってくれたものがたったの8円だ。大手電力会社以外の買取価格は最高は11,5円、関西電力の場合は10円で買ってくれる。太陽光発電の設置費用は大幅に安くなっているが、設置件数は年々減少している。2012年には年間426,868件だったものが2017年には133,012件である。2019年に買取価格は21,8円だ。余り魅力はないし設置費用の元が取れるのは今まで以上に年数がかかる。私は今関西電力の「貯めとくサービス」に移行したが、どれだけ貯められているのかよくわからない。2020年1月に1873円の振り込みが関西電力からあったが、2月は0円である。
 ところで我が家の実績 2018年は年間買電が130,731円 売電が112,320円 2019年は買電が113,102円 売電が108,336円でかなり家計が潤った。これからはそうはいかぬ。シャープさんは蓄電池の設置を勧めてくるが余りメリットはなさそうだ。停電時に使えると言っても今まで停電したことはない。2年前に一瞬停電みたいのはあったが、
私は3年前に蓄電池を買っている。コンパクトなもので24vのものだ。停電時に灯り用
に交流100vに変換して使えたらいいと思っている。太陽光発電をされている他の方はどうしているのでしょうか、

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):