本日 176 人 - 昨日 235 人 - 累計 390322 人
RSS

天濃池ビオトープ

 以前からブラックバスがいて人口の産卵床を仕掛けたりして絶滅を図った。また釣りでブラックバス退治を試みたがうまくいかなかった。そのブラックバスが今度は少し浅いところに直径30cmぐらいの産卵床を作った。水性生物センターの内藤研究員によると6月までが産卵のシーズンでもし産んだならら踏みつけてしまえという。これからちょくちょく見て回る予定だ。写真がうまく取れていないがマルイ白っぽいところが産卵床だ。


白く丸い部分が産卵床

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):