本日 143 人 - 昨日 252 人 - 累計 302313 人
RSS

両神山と雲取山と秩父観光1

皆様お元気ですか。私は11月12日から4泊5日で上記の山や秩父観光をしてきました。本来両神山と雲取山の登山でしたが、雲取山の山行で雲取山荘の宿泊が14日土曜日に取れなくて1日伸ばしました。そこで空いた1日を秩父観光に当てたわけです。12日は昼に出発して小鹿野町(おがの)の国民宿舎の両神荘に泊まりました。堺から新幹線で東京に行き、そこから北陸新幹線で熊谷へ熊谷から秩父鉄道の終点三峰口に、そこから小鹿野町営バスで薬師の湯・さらに薬師堂へと行き、両神荘には午後7時につきました。新幹線は5割程度の混み具合でゆったりしてました。熊谷からの秩父鉄道は中学生か高校生ぐらいの子供たちがかなり乗っていました。4時過ぎから5時ごろだったので下校時間だったのでしょう。三峰口の終点で18時11分もう真っ暗でした。小鹿野町営バスの乗客は私一人でした。薬師堂でバスを降りると薬師の湯があり、駐車場はいっぱいでした。この奥に両神荘があり、手前の駐車場はやはり車がいっぱいでした。東京から日帰りで来れるので人気があるのでしょう。紅葉と温泉と両方が楽しめる場所です。着いてすぐに宿泊代を払いました。今回はJTBを利用しgoーtoキャンペーンを適用してもらいました。当初一泊夕食付き11,000円だったのが半額近くまで割引されすごい節約になりました。部屋と同じフロアーに浴場があり、すぐに風呂で汗をながし、夕食(おがの膳)をいただきました。ここも味噌ポテトやご飯・味噌汁・うどん・コーヒーはセルフでした。山のおかず(こんにゃくやごぼうを調理したもの)両神しゃくし菜漬け、それと秩父の名物?手作り味噌ポテトが美味しかったです。おかずは12品あり、結構楽しめました。明日は6時45分のバスに乗らなければならないので登山の準備をしました。今回は防寒具を多めに持ってきたので重量は12kgなりました。しかしこの埼玉の奥地は暑い。20度を超えていました。
IMG_9700秩父鉄道 ワンマンカー
IMG_9702秩父鉄道 車内風景
IMG_9706おがの御膳
IMG_9710部屋の様子
IMG_9714薬師の湯
IMG_9713国民宿舎 両神荘
IMG_9718薬師堂 目の守神

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):