本日 175 人 - 昨日 244 人 - 累計 389682 人
RSS

両神山と雲取山と秩父観光5

15日(日)朝6時起床雲取山登山口の三峰神社へ行くバスは西武秩父駅から出ているがこのバスは8時30分が始発だ。もう1時間早く出て欲しい物だ。雲取山荘へ行くのに時間がかかるからだ。私の足では早くて4時30分ごろ到着だ。8時10分にバス乗り場に到着した時にはもう30人ほどが並んでいた。すぐに100人ほどの列になった。その中に昨日カムスティ雅でエレベーターで一緒になったアメリカ人の女性がいた。彼女はこの列が三峰神社に行く列か確かめにきた。英語で会話してこの列が正しいことを伝えると喜んでいた。バスは三峰神社参拝客の為、一台だけでなく数台出るそうだ。私は運良く最初のバスに乗れた。バスは9時45分三峰神社の手前500mで渋滞に捕まった。ノロノロ走る。5分ほどして運転手が「ここから400mで三峰神社です。渋滞が続きますので急ぐ方はここで降りて歩いてください。」と言う。みんな降りるので私も降りた。バス停のそばの三峰ビジターセンターでどんな鳥や動物たちがいるのか見て雲取山荘目指して歩き出す。三峰とは東方に雲取山・白岩山・妙法が岳の3つの峰が連なることから名付けられた。10時三峰神社発11時小休止、かなりの人が登って行った。途中奥宮のところでかなりに人が奥宮へいった。12時小休止、その後地蔵峠がすぐあり、ついで秩父宮殿下のレリーフがあった。最初は殿下だけだったものがその後妃殿下もその横に掘られたと描かれていた。前白岩の肩14時小休止。30分ほど遅れている。ここで三峰神社に降りていく青年に出会う。「雲取山荘に行くには少し遅くなるのではないか」と言われる。確かにその通りなのだ。すぐに歩き出す。少ししてさっきの青年が戻ってきて「遅れそうだから雲取山荘に電話してあげよう」と言う。お願いして電話をかけてもらった。本当にありがたいことだ。15時白岩小屋、この小屋はもうかなり前に潰れたのだろうか。15時30分芋の木ドッケ、16時30分大ダワかなり暗くなる。17時多分雲取山荘の手前にいるのだろうと思うけれど、暗くて全く周りがわからない。懐中電灯を出して雲取山荘に電話してみるが全くかからない。しかし道はしっかりしているので歩く。程なくして灯りが見える。テントの灯りだった。幕営地を通り過ぎるとすぐ山荘だった。17時15分雲取山荘到着。一泊夕食で8500円支払うと304号室に案内された。部屋には先に石田さんと言う60歳の男性がコタツに入っていた。8畳ぐらいの部屋の真ん中にコタツがあり、両脇に私たち二人は寝た。彼は愛媛県の大洲の隣の内子の出身だった。私は会社員の一年目に松山転勤で松山に一年近くいたので話があった。「おはなはん」の話、面河渓に行った話や、八幡浜に行った話など。消灯時間8時30分を過ぎても話していた。
IMG_9921三峰神社参道 人がごった返すほど参拝客が多い
IMG_9918三峰ビジターセンター シカやクマ・日光ムササビ・キクガシラコウモリ
IMG_9977前白岩の肩
IMG_9959秩父宮殿下・妃殿下
IMG_9979前白岩山
IMG_9984白岩小屋 潰れている
IMG_9991芋の木ドッケ
IMG_9999鹿

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):