本日 113 人 - 昨日 138 人 - 累計 333341 人
RSS

おばあちゃんの日常

おばあちゃんが退院して一週間が経った。木曜日は午前中に移動風呂が来て、その後すぐにお医者さんの回診があった。血圧や脈拍、血中酸素濃度など測った。すべて94歳という年齢では正常だった。お医者さんがいうには介護は家族または親族での介護が一番良いという。介護施設では精神的な部分は解決されないので、やはり家にいるのが一番安心できるところだという。おばあちゃんの寝姿を見ると口をバカッと開けて全く天国か地獄にすでにいるような姿で寝ている。椅子は簡易トイレにもなるものでこれで小便をする。トイレは近い。今日は女房におばあちゃんの小便の処理を教えてもらった。ほんの30ccぐらいしか出ていない。トイレバケツに水を入れ一回流し、さらに綺麗な水で一回流して元の場所に収納するという作業だ。女房に用事がある時私もできるようにと。カーテンは重宝している。おばあちゃんと言っても女であることを意識している。今日部屋に換気扇をつける見積もりが出て来た。換気口は小さいのがあるが、食と排泄が一緒の部屋なので強力な換気が必要だろう。また部屋がおばあちゃん臭くなるのもよくないのでつけることにした。

P9250292おばあちゃんの寝姿

P9250293簡易トイレ

P9250294カーテン 私がつけました」


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):