本日 149 人 - 昨日 260 人 - 累計 412139 人
RSS

四阿山と浅間山登山3

私が収穫した野菜は着払いで送ってくれる。あまりたくさんだと送料がかかるので大体の量をオーナーが示してくれた。白菜2個 とうもろこし6本ぐらい、レタス2個、これで100サイズだ。残りの収穫物はその日の夕食にでた。白ワイン片手にレタスの突き合わせは乙なものだ。私はレタスのおかわりをしてしまった。ウッドラフではオーナーがウェイターをして奥さんが料理を作っていた。私以外に泊まり客が六人いた。二人は私と同じ四阿山登山だった。食堂というかダイニングルームでの食事が終わった後、私は気になっていた隣室のオーディオルームについてオーナーに聞いた。でっかいALTECのスピーカーが左右上下に2 台づつ、ALTECのスピーカーのホーンの下部にはCORALのツイッターさらに奥にはパイオニアやラムサの音響機器、何んと真空管の装置もある。しかし埃が薄らとあったので実際に音が出るのか聞くと出るという。そこで鳴らしてもらった。私も若いときオーディオに興味を持っていてALTECの20cmのスピーカーを日本橋まで買いに行ったことがある。箱は多分ヤマハか日本コロンビアが作っていたと思う。これだけの設備をするのは相当な費用がかかったでしょうねというと、実は私は2代目でこのペンションは別の人が建てたものだということだった。彼はこのペンションより下の方でペンション経営をしていて、このウッドラフが売りに出るということで買おうと決めた。しかし買う人がちゃんと維持してくれるかという売主の思惑があり、期待に応えられない人は落ちていって、私が売主の期待にあったようですと控えめにいわれた。私は泊まり客にこんな素晴らしいオーディオ装置はないから音楽を聴くようにいうとみんなはあまり興味なさそうだった。どうやら世代が違うらしい。私はここでWOWOWで歌劇「リゴレット」をやっていた。風の中の羽のようにいつも変わる女心を久しぶりに聴いた。音のキレが良かった。もう筋は忘れたが二人の男を同時に愛した女性の悲劇ではなかったか?こうゆうでかいスピーカーにあう音楽はクラシックなのかもしれないが、私はタンゴが合うと思っている。いろいろなことを思い巡らしながら夜は更けていった。明日の登山の用意もしないままに眠ってしまった。

P9161796ペンションウッドラフの入り口 両側に狛犬らしき像があるが狛犬でない

P9161800夕食 真ん中にレタスがあり、ワインに合う

P9161797オーディオルーム 左右に箱型のALTECのスピーカー上下に4台設置

P9161801ウッドラフのオーナー 高原野菜の収穫楽しめました


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):