本日 30 人 - 昨日 113 人 - 累計 103859 人 サイトマップ
RSS

よみがえれシーボルトの日本博物館

シーボルトは49歳で長男アレクサンダーをもうけたが、以後2男2女でとイネを含め子供は6人になる。アレクサンダーは英国公使館の通訳として生麦事件や下関戦争の交渉に立ち会った他、欧米との不平等条約を改めさせた。また佐野常民(適塾・象先堂塾出身)を助けて博愛社(後の日本赤十字社)の設立に深く関わり、日本がアジアで初めてのジュネーブ条約加盟国となった。明治43年には日本政府に奉職40年になり勲一等瑞宝章を送られている。弟のハインリッヒは父の日本研究を引き継ぎ遺跡発掘等(大森貝塚)考古学の分野で多くの功績を残した。イネは明治3年2月東京京橋築地にて産科医開業、明治6年宮内省御用掛りを拝命、若宮様誕生の功労で宮内省から功労金として100円下賜された。
画像左アレクサンダー右ハインリッヒ
画像左西南戦争で放置された負傷者を救うため博愛社が設立された。当時社員数38名 右日露戦争で負傷した兵士(ロシア含む)の救助活動をした
画像イネの乳母と言われる「とみ」
画像イネが産科医時代の時の写真 私のオランダ人の友人フロライム・レムコー氏から送られたもの

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):