本日 71 人 - 昨日 141 人 - 累計 166052 人
RSS

江ノ島鎌倉旅行

3月15・16日と法事をかねて江ノ島・鎌倉に行った。江の電の駅名は江ノ島だが、小田急電鉄の駅名は片瀬江ノ島と呼ぶ。小田急は海よりに駅があり、もともとここは片瀬と呼ばれていた。漁港も片瀬漁港である。江島神社は片瀬江ノ島駅から約15分弁天橋を渡って土産物屋や飲食店のある参道を抜けると最初にあるのは辺津宮そして中津宮・奥津宮がある。御祭神は3人姉妹の女神様だ。神社の社伝によると欽明天皇13年(552年9に、欽明天皇の御生・神宣により詔して宮を東南の竜穴に建てられ一歳二度の祭祀この時に始まる」とあります。これは欽明天皇の勅命で島の洞窟(岩屋)に神様を祀ったのが江島神社の始まりである事が記されています。欽明天皇は聖徳太子より少し前の時代の天皇で、この頃日本では仏教が公伝されに日本固有の神道と外来の仏教がともに大事にされていました。
辺津宮
辺津宮
DSCN8095
DSCN8096
辺津宮 縁結びの神様だ。女性の参拝客が多い
DSCN8100
江の電 1500形車両

コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):