本日 24 人 - 昨日 71 人 - 累計 100313 人 サイトマップ
RSS

西条・広島.呉へ

呉港周遊は思ったよりいろいろの事を教えてくれた。江田島の海軍兵学校は今は観光用に解放している。見学は無料である。小用港の背後にある古鷹山(394m)は海軍兵学校の生徒が朝野散歩がてらにのぼったそうだ、頂上付近は岩石が累々とあるそうだ。呉は大戦後軍艦等は作らなくなったが、タンカー等の造船や橋梁の建設が続けられている。又海上自衛官になるにはこの呉で5ヶ月間寮生活が義務づけられ、訓練生は知識や技術習得に励んでいる。此処を終了した自衛官は全国各地の基地に散らばっていくという。ここはまた潜水艦の基地でもある。戦艦大和の建造は昭和12年から始まったが、軍の機密で呉線で呉港が見え始める辺りにさしかかると列車のブラインドを下ろさせたという。ちょうど呉基地の見える辺りの海には牡蠣の養殖筏が広島の方にかけて並べられ、全国の8割の牡蠣が此処から出荷される。
画像弾薬庫があったところ
画像造船所奥の方にクレーンが林立している
画像小用港から見る古鷹山
画像牡蠣の養殖吊るしている長さが5〜10m

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):