本日 181 人 - 昨日 235 人 - 累計 390327 人
RSS

映画鑑賞

2/5(金)阿倍野区民センターで「心の旅路」と「旅愁」を見た。どちらもアメリカの映画で1950年につくられたものだ。「心の旅路」に出ているグリア・ガーソンという女優の優雅さと聡明な感じ・美しさまさにスターだ。「旅愁」のジョーンフォンティーンは日本で生まれた(姉も)という変わった経歴を持っている。二人ともアカデミー主演女優賞を受けている。そして二人に共通なのは長命であるということだ。96歳と92歳まで生きた。
 今日紹介したいのは旅愁の中で歌われているセプテンバーソングだ。
フランクシナトラやビングクロスビー、日本ではフランク永井が歌っている。
 最初の部分は省略

 「5月から12月までは長い月日だけど
 9月になると日々は短くなる。
 秋の気配が木の葉を赤く燃え立たせる頃
 もう待つことを楽しむ時間はない
 残りの日々は少なく貴重なものとなっていく」

 この詩を自分の今に重ね合わせるとまさに70と言う年は
 残りの日々が少ない。一日一日が本当に貴重だと思う。
 一日一日を精いっぱい生きなければならないのは若者でなく
 年寄りではないかと思う。
 
 左 グリア・ガーソン 右 ロナルド・コールマン

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):