本日 181 人 - 昨日 235 人 - 累計 390327 人
RSS

立命館大學探検部インドネシア・スンバ島洞窟調査報告

昨日14日標記の催しがあった。昨年8月から9月にかけて1ヵ月スンバ島の洞窟調査をしたもので75個の洞窟の踏査そのうち21個を実測したものだ。スンバ島はサンゴ礁が隆起した島で石灰岩自体は割と軟質であり、巨大な洞窟ができやすい。洞窟は標高700m~800mに集中し、カルデラ地形の底に竪穴や横穴があいている。竪穴はシングルロープによる降下、測量はクリノメーター、レーザー測距儀、そしてドローンまで使った空中撮影など技術の進歩はめざましい。

スンバ島東経117°25 南緯8°30

測量図

洞窟 真ん中の青いのが探検隊員

鍾乳石・鍾乳管

展示風景

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):