本日 21 人 - 昨日 248 人 - 累計 372729 人
RSS

屋久島紀行・宮之浦岳登頂5

淀川小屋に着くまで屋久島の縄文杉以外栗生岳周辺の奇岩やヤクシカや猿の鳴き声・高層の泥炭湿原と見るものが多く、あまり時間を気にしなかったので到着が遅れてしまった。淀川小屋には千葉から来た4名の若者のグループと中年のおじさん一人そして私の計6人の宿泊であった。ここも無人小屋で40人程度泊まれる。水場はすぐにあり、小屋の前はテントが数ハリ張れる。ここのテラスで早速夕食に取り掛かった。カレーライスである。米1合をといでしばらくしてコンロにかけた。こんな時無洗米を持ってきたら良かったと思う。19時に食事、19時30分に片付けた。4人組もおっさんもみんなテラスでコンロを使っていたので、やはりこれが常識だなと思った。標高が1400mぐらいなので寒くはない。内腿が痛かったのでロキソニンをはる。あとお土産を誰にあげるかいろいろ思案していると眠くなった。20時30分に就寝した。
 13日金曜日だ。6時に起床。実は30分寝過ごしてしまった。6時50分朝食、昨日荷物の整理をしていなかったので整理をしながらおっさんと歓談。この人も千葉から来たと言う。
マラソンをやっていると言う。靴底が厚いのが問題になっていると言ったら、もう過去のことで今はつま先着地と言う。これだと足に負担がかからないのだと。8時に出発予定だったが、なんと40分も遅れる。気合が入っていない。下りはわりとスムーズに歩けた。鹿に出会うこと2度も、2度目は3mぐらいしか離れていない。この時もメスの鹿だ。10mぐらい離れたところで立ち止まってこちらの様子を伺い、ボチボチと離れていった。淀川登山口に着く少し前で猿にあった。椿の花をちぎってみつでも舐めているのであろうか、地面には椿の花がバラバラと30以上落ちていた。私が近づいても気にしなくさらに食べ続け、キャーキョーワアーウオーと吠えると別のところから同じように吠えているのが聞こえた。写真を撮ったがよく動くのでうまく撮れなかった。9時50分淀川登山口到着、多分登山者のだろう自家用車が7台止まっていた。ここから紀元杉までは舗装道路を歩いた。10時15分紀元杉到着。バスは10時45分なので紀元杉を周遊。バスは始発で乗客は私一人だった。千葉のおっさんはヤクスギランドから乗車した。そして「屋久島では鹿の肉を食べさしてくれるお店がある。ハンバーグショップチーゾーという店だが、12時開店だ。」と言うので寄れるかどうかわからないと返事した。11時45分安房に到着。水明荘に向かう。水明荘でシャワーを使わしてもらい、女将に預かってくれている荷物を受け取ろうとすると、しばらく待たされた。そしてなんと「お手伝いのアルバイトさんが捨ててしまったそうだ。」と申し訳なさそうに言う。仕方ないか、岳人の3月号、ダンロップの下着、益救神社のお守り2個は捨てられてしまった。ぐしゃっとした下着だから仕方ないかも。でも残念だ。
画像淀川小屋
DSCN9734椿の蜜を吸うヤクザル
DSCN9740椿の花びらが地面を覆う
DSCN9745淀川登山口
DSCN9757紀元杉
DSCN9760安房港で記念撮影

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):