本日 85 人 - 昨日 200 人 - 累計 348569 人
RSS

金剛山登山4始末記

膝のところが3日目になって内出血がドット出てきたのか浅黒くなってきた。4日目になると膝を中心に20cm四方浅黒く腫れている。足もなかなか持ち上げられない。そこで4日昼前に近くの整形外科に行ったのだが、5日から診療だった。5日は北野病院の予約があるのでそちらを優先した。糖尿、心臓、腎臓内科と1日に3科受診だ。糖尿の先生がまず「正月休み中に何かありましたか」と言う。そこで金剛山登山で雪道を下山中に滑って転んだことや、むちゃくちゃ痛かったこと、足が腫れていることを告げると納得して「実はクレアチンキナーゼの値が異常に高いので何かあったと思った」と言う。心筋梗塞や脳などを打っているとこの値が上がるのだと、診断結果をみると1200?となっていた。心臓の先生は一度「トレッドマシンに乗ってください」と言われた。腎臓内科の女医は倒れて一瞬息が詰まった瞬間に頭をどこか打つけていないかしつこく聞いてきた。打っていないと言ったが、さらに一つ検査を追加された。これは脳梗塞などの検査と言われた。しかし異樹はなかった。6日整形外科でレントゲンをとってもらうと骨には異常がなかった。赤黒く腫れている部分を圧迫包帯で締め、痛み止めの漢方薬のみ薬と塗り薬を2週間分くれた。

P1050211赤黒く腫れた膝周辺

P1050210北野病院のドトールカフェで寛ぐ

P1060212整形外科で圧迫包帯を巻いてもらう


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):