本日 105 人 - 昨日 382 人 - 累計 504994 人
RSS

瑞牆山登山3終わり

頂上で景色に見とれていると若い男女の登山者が登ってきた。頂上についたこと大いに喜んでいる。写真を撮ってあげたりしていたら時間がかなり押してきた。11時45分下山開始である。バスは14時25分出発だから2時間40分で瑞牆山荘まで降りなければならない。地図に載っているコースタイムは休みなしで2時間10分であるが私の年齢ではコースタイムが1時間なら約1時間15分はかかる。ということはほぼギリギリで時間の余裕は全くない。鹿や頂上で時間を食ってしまった。桃太郎岩13時07分到着約6分遅れ、富士見平小屋到着13時39分到着約2分遅れ、桃太郎岩からは少し小走りに歩いた。富士見平小屋からはもう一つペースを上げた。瑞牆山荘についたのは14時18分でバスの出発の7 分前だった。瑞牆山荘で登山記念に瑞牆山のバッチを買った。山荘の主人八巻氏は遅いので心配になったという。ここから本来なら増富ラジウム泉に寄って登山の汗を拭うつもりでいたが、ここは4月1日から長期の休業に入るという。北杜市の営業だが市が屋根の修理の予算を組んでいない為、いつ再開するかの目処が立っていなという。私は直前で予定を変えて途中にあるハイジの村によることにした。瑞牆山荘からやく1時間でついた。山梨峡北交通バスは1回だけ途中下車を認めているのでバス代が余分にかかることはない。ハイジの村でしたかったことはいちご狩りで受付で申し込むと予約制になっていて今日の分は終了したという。仕方ないのでピッザの遅い昼食を食べ、フラワーガーデンやバラ園を見て回った。春休みで子供を連れた家族づれが多かった。韮崎から小淵沢経由で塩尻に出て特急しなのに乗り、新幹線で大阪に戻った。

P4050389ハイジの村から見た富士山

P4050394ハイジの村

P4050404ハイジの村

P4050399チュウリップは色とりどりに

P4050397地下のバラ園を見る

/Users/riceway/Desktop//Users/riceway/Desktop/名称未設定フォルダ 4/P4ワークショップも開催されていた

P4050402色とりどりのアセビ類



コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):