本日 24 人 - 昨日 71 人 - 累計 100313 人 サイトマップ
RSS

西条・広島.呉へ

大和ミュージアムの戦艦大和の10分の1の模型展示のそばには独り乗りの特攻潜水艇が展示してあった。先頭部分に爆弾があり、後部に操縦席があるもので長さが10mにも満たない小さな物であった。又その横には零戦が展示されていて、翼は布ばりで、触れられないように係官がついていた。戦艦は当時の技術水準から見て世界でもトップレベルだったが、飛行機は全く進歩が遅れている。長距離を飛べるの爆撃機の開発、水上飛行艇等いくつか製造されたが、大きくは成功していない。零戦の横には大和が積んでいた砲弾が展示されていた。大きい物は長さが1m直径が36cmぐらいの物があった。ミュージアムを出るとすぐそばに本物の潜水艦「あさしお」全長76mがあり、内部を見学する事も出来るが、私は時間が押していたため入場出来なかった。これで西条・広島・呉を終わります。
画像特攻潜水艇
画像零戦
画像零戦 戦後インドネシアの独立運動に貢献
画像砲弾
画像潜水艦「あさしお」実物

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):