本日 146 人 - 昨日 252 人 - 累計 302316 人
RSS

木曽福島界隈と御嶽山登山

御嶽山登山が解禁されたのを8月ごろだったか新聞記事で見て、行ってみようと思った。ただ9月には木曽駒ヶ岳と空木岳10月には火打山・妙高山と計画していたのでその後すぐに登ろうと思った。ただ残念なのは10月11日で山小屋が全て閉鎖されたことだ。10月の23・24・25のうちの一泊2日で計画、10日前の天気予報で23(金)・24(土)に決めた。23日に木曽福島の旅館で一泊、翌日ロープウェイを利用すれば大阪への日帰りが十分可能だ。23日は木曽福島界隈の寺や関所跡など見学した。まずは木曽福島駅に下車し10時30分から観光した。駅前に観光案内所があり、いろいろな便宜を提供してくれる。木曽福島3館共通券プラス1というのがあって、興禅寺・福島関所資料館・山村代官屋敷と高瀬資料館だ。
3館分が900円そして高瀬資料館も見たいならば現地で150円追加して払えば良い。そこで駅から一番遠い興禅寺から回った。ここは木曽義仲の菩提寺で1434年の創建です。臨済宗妙心寺派に属し、看雲庭は見事な枯山水の庭で、平成になって作られ大きさは日本一です。次に寄ったのが関所です。この関所は日本四大関所の一つで中山道のほぼ中間点に設けられました。入り鉄砲に出女で特に女性の関所通行に大きな制約がありました。女手形を庄屋から発行してもらい通行するのに最低で2時間、時には半日かかることもあったようです。又大名行列などは1日で通行できない時もありました。今までで最大の行列は和宮降嫁でした。
IMG_9504看雲庭
IMG_9490看雲庭
IMG_9503天井に描かれた花の絵 
IMG_9510木曽節発祥の地
IMG_9512福島関所
IMG_9518十手やさすまたなど
IMG_9527記念撮影

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):