本日 150 人 - 昨日 260 人 - 累計 412140 人
RSS

四阿山と浅間山登山1

当初草津白根山に登る予定で計画を立てていたが白根山の登山口に行くバスが運休している。そこでなぜ運休しているのか聞くと警戒レベルが2に引き上げられたという。警戒レベルが引き上げられても安全圏なところまでは登山できるのか、これを嬬恋村役場に聞くと登山はしないほうが良いという。白根山・本白根山とも火口から1km以内は危険地域、500m以内は立ち入り禁止となっている。そこで南にある四阿山(あずまやま)に登山することに決めた。四阿と書いてあずまやと読む。四阿の意味については日本百名山の四阿山で深田久弥が[山の形があずまや(四方の柱だけで壁がなく、四方ふき下ろしの屋根の小屋。庭園などの休息所とする。)の屋根に似ているところからその名が由来したと言える。とのことらしい。四阿山の登山口は菅平だ。ここはスキー場として有名だ。私も学生時代信州にスキーに出かけたが菅平は一度も行ったことがなかった。急行ちくま号が大阪から長野まで夜行列車で走っていた時代だ。新幹線で名古屋まで行き、そこから特急しなのに乗るにはお金がかかりすぎたときに急行料金で長野まで行ける気動車の特急は魅力があった。野沢温泉や志賀高原はスキーのメッカだった。これものちにスキーバスに取って代わられることになる。ちくまは2005年ごろに引退した。今菅平に行くには新幹線で名古屋に行き、特急しなので篠ノ井駅まで行きそこからしなの鉄道(かってはJR )に乗り換え上田まで行きそこから上田バスで菅平まで行くというルートだ。菅平で四阿山近くに位置する宿をインターネットで調べたがなかなか出てこなかった。最後に高原野菜収穫のアクティビティがある宿がヒットしたのでそこに決めた。名前は「ウッドラフ」で上田バスで菅平高原行きに乗り、郵便局前で下車、迎えの車があるという。歩いて行くというと30分ぐらいかかるという。そこで迎えにきてもらうことにした。堺から満員電車で大阪に行き、新幹線で名古屋そして特急しなのに乗り継いだ、いつもは早朝出発であるが早朝も堺7時50分発も同じ時間に菅平に着く時刻は一緒だった。塩尻で約5分遅れが出た。篠ノ井駅での乗り継ぎは5分しかない。気が焦った。篠ノ井到着は4分遅れだった。ホームに降りると急いで3番線ホームに走った。ホームに着くと赤い列車が右方向から来るのが見えた。

P9161774特急しなの7号

P9161778しなの鉄道

P9161780菅平のレタス畑


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):